中道

 キリスト教やイスラム教と違い、仏教にはやってはいけないという宗教的戒律(かいりつ)がないのでは、という方がいます。

 本当は仏教にも、在家の仏教信者が守るべき五つの戒(いまし)めというのがありますす。生き物を殺さない、盗みをしない、男女の間を乱さない、嘘をつかない、酒を飲まないという五つです。本当は酒は禁止なのです。

 なぜお釈迦さまが酒を禁じたかというと、酒は平静な心を散乱させ、過ちを犯す原因となるからです。酒に酔い、正気を失い、人と争ったり悪事に走ったりする。酒はその原因になるから禁じたのです。今でも小乗(しょうじょう)仏教の国では、お坊さんは絶対に酒を飲みません。

 ところが、「でも」と考えた人がいたのです。平静な心を失わず、人との出会いを楽しくさせ、食欲を増進させたり健康に役立つような酒。つまり毒ではなく、薬となる酒ならばいいのではないか、と。それが大乗(だいじょう)仏教です。中国や日本の仏教が酒に寛容なのは、酒そのものの善し悪しではなく、その飲み方を重視したのです。まさに融通無碍(ゆうづうむげ)な大乗仏教の良さです。大乗仏教の精神は「中道」(ちゅうどう)です。中道の精神とは、酒を飲め、とか、飲むな、ということではなく、何事もホドホドに、という教えです。「一杯、人、酒を飲み 二杯、酒、酒を飲み 三杯、酒、人を飲む」という諺(ことわざ)があります。

 お酒に限らず、仕事だってスポーツだって、なんだってそうです。このホドホドのできる人が人生の達人であり、このホドホドの線を越えてしまう人が、人生の敗北者になるのです。ホドホドに、です。

 お釈迦さまはタバコを吸うなとか、ゴルフをやるな、パチンコをするなといわなかったと、開き直る人がいます。たしかにそうです。しかしそれもホドホドが大切。あまりお釈迦さまに甘えて、ワガママばかり言ってると、いまにバチが当たります。

(平成18年7月1〜15日 テレホン説教)

 

TOP