和顔

 現代は情報化時代といわれ、家の中も外も情報が溢れています。また、電話やメール、ファックスやパソコン、そしてテレビ電話など、情報を伝えるための道具も数え切れないほどです。しかしその反面、家族や友人といった身近な人とのコミュニケーションが下手で、そのために学校に行けなくなったり、友達ができなかったり、職場で孤立したりして苦しんでいる人が増えているといいます。

 どうしたら他の人と上手くコミュニケーションをとることができるでしょうか?

 コミュニケーションというと私たちはすぐに「言葉」や「文字」を考えます。しかしアメリカの心理学者アルバート・マレービアン博士という方の研究によると、人が他人から受け取る情報の割合は

○顔の表情・・・55%

○声の質(高低)、大きさ、テンポ・・・38%

○話す言葉の内容・・・7%

という実験結果を報告しています。

 人と話をする時に大切なのは、話の中身や内容はたったの7%。後の93%は話す人の顔の表情や声の質、そして身だしなみやしぐさといった「見た目」だというのです。

 この結果を踏まえ竹内一郎さんという方は『人は見た目が九割』という本を書きました。竹内さんは、人間関係、対人関係を円滑にするには、話の中身より先ず「見た目」。つまり話す人の表情や態度・しぐさといった「見た目」に、人は信頼感や好意を感じる。だから、先ず「見た目」が好感を持たれるようにすることが大事、というのです。

 お釈迦さまは人と接する時に「和顔」、つまり笑顔で接することを説かれました。まさに「見た目」の大事さを教えられたのです。先ず笑顔、それが人とのコミュニケーションでもっとも大事なことなのです。あなたは笑顔でがんばっていますか。

(平成19年2月1〜15日 テレホン説教)

 

TOP